わたし発達障害の猫なんです。

アラサーにして発達障害(ADHD・ASD)と診断された女の生き様をここに記す。

洗濯物溜め込む問題改善への道のり

こんにちは!ガル山です\( 'ω')/

 

暖かくなってきたと共に気候が安定してきたこともあるのか、だいぶ心身ともにマシになってきました。

 

そこで溜め込んでいた家事を細々とこなしているんですが…。

洗濯についてはなぜ溜め込むか、理由がわかった気がするので書き留めておこうと思います。

 

 

  1. そもそも体調が悪くてそんな余裕がなかった
  2. 家事に自分のやり方や自分の中の普通の基準ができ、実家のやり方と合わなくなった
  3. 狭い=生活の要所が一箇所に集まった賃貸での暮らしが快適すぎた

 

おおまかに上がるとこんなところかなぁと…。

それぞれ少し詳しく書いてみます。

 

 

  • そもそも体調が悪くてそんな余裕がなかった

 

これはホントそのまんまです。

読んでる方はそれこそ母に頼んで手伝ってもらえばよかったんじゃ?と感じるところだと思うのです。

 

実際実家を出るまで洗濯は母に丸投げでした。

というより、自分でやっていた時期に

「あなたの分だけまわされると水代が余計にかかるから一緒にやるから!」

とギャーギャー言われ、安定の無気力コースへ…。

 

じゃあ なぜ、一度実家を出た今洗濯をお願いする気になれないか。

 

 

  • 家事に自分のやり方や自分の中の普通の基準ができ、実家のやり方と合わなくなった

 

これはASD由来のこだわり…というより、自分なりのスタイルができた という方が自然かなぁと感じます。

人それぞれ同じ作業をするにも全然やり方やこだわりの度合いが違うと思うんです。

 

洗濯って結構それが顕著に出る家事だと思っていて。

色柄ものやタオルは分けて洗うお家もあったり、ネットを使う使わない、下着は手で予洗いする…とか。

 

そういう 自分の中の最低限ここはこうしたいというやり方と、実家のやり方が全然違うんですね。

 

わたしの中の最低限は、安い服でも長く着られるよう、毎日着るようなロンTなんかもネットにいれます。

 

母はなんでロンTなんかネットに入れるの?と、以前言っていて、服への考えが違いすぎてアカン…と。

 

そういう依頼をするしんどさ。

 

 

そ!れ!と!

実家の人々は液体洗剤、漂白剤、柔軟剤など…徳用のキャップのついたどデカイ詰め替え用を買っているのに、空になるまで詰め替えない。

 

そして その詰め替え用すら風前の灯火になっていたりする。

なのに何故か、まだ中身ほんの少しありますけど?って風格でペラッペラになったまま突っ立ってる。

 

 

次が一番の大問題!!

ボトルに液剤が垂れたらそのままにする!!!

 

 

だから洗濯しようとボトルに触るとベッタベタ!

エァアァアヴァァヴァゥゥ!!!(´°ω°`)

 

不快で毎回大発狂してしまううぅぅ〜〜〜!

 

使い古しのタオルやフキンを切ったものを洗濯機の近くに置いておく。

垂れたら拭ってそのまま一緒に洗濯しちゃえばいいんだよ!!!

 

 

もうその不快さ耐えられなくて足が遠のく…。

 

ただ これに関しては柔軟剤は自分専用のものを使っているので、洗剤類も自分専用のものを用意して身を守ることにしました_(:3」∠)_

 

次で最後です。

 

  • 狭い=生活の要所が一箇所に集まった賃貸での暮らしが快適すぎた

 

洗濯しよう!と思い立ったら数歩で到着、そしてすぐ作業開始できる。

洗濯物は洗濯カゴにネットに分けていれてあって、あとは洗濯機に入れるだけ…。 

 

今は自室に置いてる洗濯物と柔軟剤のボトルをえっちらおっちら運ぶ。

洗面所についたら、ベタベタの洗剤のボトルを洗い、詰め替え用を探し、詰め替え用は結局なくて買いに行くところからはじまり…。

 

もうね!

ス!ト!レ!ス!

 

我が実家には!!買い置きが買い置きされてないとか!!

色々な場所にしまって行方不明とか!!

 

実家のやり方と、わたしの性格や特性とが物凄く相性が悪いんだッッッ。°(°`ω´ °)°。

 

 

なので、今日気付いたMy洗濯セットは名案だったなと。

 

いつ実家を出れるかもわからないので、

エァアァアヴァァヴァゥゥ!!!(´°ω°`)

とならずに生活する工夫は必要だなぁ…としみじみ思いました。

 

さて!洗濯干してきます!

現在進行形!機能不全家族の怖さ

こんにちは!ガル山です\( 'ω')/

 

最近メンがヘラヘラな呟きばかりして申し訳ないなーと…。

うるせぇ!と思ったらペペペ!っとミュートして頂けると幸いです。

特に夜にメンがヘラってくるので、夜はミュート、昼間は…仲間に入れてくれ!!!(懇願)

 

 

f:id:garugarunyaaan:20180306153252j:image

 

今日は機能不全家族の話、現在進行形のガル山家の現状です。

 

 

昨年8月に同棲を解消しました。

 

同棲をしていた土地で生活保護を受けるか。

実家に戻るか。

 

ひどく悩みましたが、母の「お母さんもお父さんも、もう以前のようではない。変わったから、帰ってきて。」との言葉を信じ、実家に戻る決意をしました。

 

 

最初はメルトダウンを起こしまくり、キレまくりながらも、母と何度も話し合い、関係が良くなってきた…!!

と思っていたんです。

 

が、冷静になってよくよく考えると。

わたし自身の心身の健康はどんどん悪くなっていることにここ数日で(自分の鈍感さにびっくりする)気付いたんです。

 

 

ファーーーwwww

 

 

笑い事じゃないんですが、色々気付いたんです。

 

  • 父も母も以前とは違う!変わった!

確かに変わったんです。

でも それは「過干渉にあれこれ言ったり、暴言を吐かなくなった」んですよね。

 

それってどういうことかというと。

両親は昔からわたしがSOSを出しても助けてくれない人たちでした。

 

勇気を出してはっきり言葉にしても「それくらいできなくてどうするの」といったお決まりの対応。

そして 問題が大きくなると「なんでもっと早く言わなかったの!」っていうやつですね。

 

さらには、同じような内容でSOSをだしても、その時その時で助けてもらえたりもらえなかったりするんですよね。

 

子供であったわたしは、一体どう困ってると助けてもらえるんだ…?と、いつも混乱していました。

 

 

ちなみに両親自身はは困りごとがあると普通に頼ってきます。


わたしは両親を助けて当然。
両親はわたしを助けるかはその時次第。
ブラック企業かよ…と、ふと思いました(  ゚д゚ )

 

そのうち段々と、SOS自体を出さなくなり、メンヘラ街道を順調に歩むことになります…。

 

 

ちょっと話が逸れました。

 

 

じゃあ両親はどう変わったか…。

「ただ存在してるだけの人たち」

 

確かに変わったね!

変わった!

 

過干渉にモノを言わなくなったのはいいことだし、暴言吐かなくなったのもいいこと!

 

しかし SOSを出してる家族を適切なタイミングと方法で助ける ことに関しては、相変わらずできないようです_(:3」∠)_

 

不思議なのは、家族にはできないのに、外の人にはできるんです。

むしろ親切で、困ってる人は積極的に助けるような人たちなんです。

家族以外に対しては。 

 

 

これに関しては、両親にはそういう機能は備わっていないと割り切るしかないなと。

 

ただ わたしも一応感情があるので、なんでやぁぁぁぁと荒れることはこれからもあると思います。

 

うるせぇ!と思ったら問答無用でミュートして欲しいです。

そして…そろそろ許してやんよと思ったら…また仲間に入れてくださいᐠ( ᐪᐤᐪ )ᐟ

 

 

最後に!

 

本日やっと相談支援事業所の予約を入れることができました!

やらなきゃやらなきゃ と頭にあったことが片付くと気持ちが軽くなるもんだなぁと、しみじみ…。

 

まず 確定申告おわらせなきゃ!と頭が凝り固まっていたので、別に今電話してもいいじゃん!と気付けたのは収穫でした。

 

明日こそは…役所に確定申告の相談に行くぞぉ…(白目

布の収納どうする問題!オマケ:応用編

こんにちは!ガル山です\( 'ω')/

 

今日は珍しく2回目の投稿です。

というのも、ちょうど収納・整理整頓の話題が発生!!

先延ばしにすると…どうなるかは言うまでもなかろう…_(:3」∠)_

 

 

ハンドメイド仲間の*Hulaちゃんのお悩みTweetを発見。

(Twitter: @slowly_hula ブログ:I am ADHD | and I am Hula.)

掲載許可頂いてます。ありがとう!

  

 

ぐあぁ わかる…。

わたしは布製品はそんなに作らないのであまり量がないのですが、それでも悩みました。

どう収納したら布の柄が一目で見えて、かつ出し入れしやすいか…。

 

 

・丸めてカゴにいれてみた時

出す時に他の布が摩擦で一緒に出てきてごちゃる。

しまう時に丸めるの面倒、しかもシワになる。

 

 

それで辿り着いたのがこの方法でした。

 

 

A4クリアファイルに布を入れ、書類ケースに入れる方法です。

 

A4クリアファイルにいれることで布同士の摩擦がなくなり、出し入れがとっってもスムーズになります!

 

このTweetではフェルトですが、柄物だとこんな感じ。

 

こんな感じで、結構量も入ります!

また ここでは書いていませんが、ハギレも◯ップロックに入れて同じファイルにいれています。

 

 

ここで使っているのは…

・A4クリアファイル

・セリアのプレンティボックスシリーズA4横型タイプ

です!

 

 

最後に注意して欲しいのが…。

 

新たに収納を作るときは

①家にあるもの

②プチプラで手に入るもの

③捨てやすいもの

で試験運用をしてみてほしいです。

 

なぜなら

アドバイスをした側に合う収納・整理整頓方法が、必ずしもアドバイスされた側に合うとは限らない

からです。

 

収納・整理整頓には正解はないです。

その人の性格や家の間取りや家具の配置など、色々な要素が絡んできます。

 

 

ADHDerは特に!衝動でいきなりアイアンラックとか買わないよう、ご注意下さい…(:3 _ )=

 

 

オマケ

この方法を母に話したところ、台所の収納にも応用できそうだ!と。

 

A4クリアファイルのすべりのよさがキーなので、乾物などを入れて立てて収納すれば、他のものも一緒に崩れてくる…ということがなくなりそう!と言っていました。

 

おぉ… たしかに!

ADHDなわたしの意外な特技…収納・整理整頓!

こんにちは!ガル山です\( 'ω')/

 

 

今日はなぜわたしの特技・趣味がインテリア・収納・整理整頓になったか?の話を軽くしたいと思います。

 

 

正直に申せば、元は汚部屋の住人でした。

 

最初の記憶は幼稚園の頃です。

おもちゃやぬいぐるみで遊んだ後「片付けなさい!」と言われ、どうしていいかわからず戸惑ったことを覚えています。

 

 

その後小学生、中学生、高校生と進むうちに、自室は立派な汚部屋に。

典型的な物が積もっていて、足の踏み場がない状態でした。

 

 

なんとなくここを通ればいいんだな?という、けもの道レベルの歩けるスペース。

 

積もった物のあの山は漫画、あの山は小説、あの山は…と、本人にしかわからない分類の山

 

物が床、机や棚の天板にあるから棚や引き出しの中はガラガラという意味不明な状態。

 

 

汚部屋住人あるあるだよね…?!とやや不安になってきたよ!!!(´°ω°`)

 

 

 

転機が訪れたのは20歳頃です。

 

絶賛ニートだったのですが、初めてのアルバイトでインテリア・生活用品を扱う仕事をすることになったのです。

 

元々、インテリアへの興味とオシャレな部屋への憧れがありました。

片付けられない、どうしても雑然とするからこそ、憧れる……。°(°`ω´ °)°。

 

インテリア雑誌を見たり、◯ルメゾンや◯ッセンのカタログなんかを見るのが大好き!というわたしにはピッタリな仕事でした。

 

 

仕事で日々収納用品を見る。

収納用品にも向いている用途や種類があることを知る。

便利グッズがあることを知り、またその用途が1つではなく色々なものに応用できることを知りました。

 

そこから職場で稼いだお金を職場に支払い、少しずつインテリアや収納を整えていくことになるのでした。

わたしのトラウマと毒母なりの思い

ひっさしぶりの投稿になってしまいました_(:3」∠)_

 

現在毎日パソコンを立ち上げる環境にないので、なかなか更新するかー!ともならず…(言い訳

 

そんなわけで、やっと重い腰を上げてスマホ投稿用のアプリをダウンロードした次第です。

 

ただ フリック入力だとまどろっこしいぃぃ!!

正確性を求めなければ、パソコンのタイピング速度が10分1100字程度なので、やっぱりパソコンの方が頭に浮かんだことを即文章にできていいなぁ…と…。

 

でも 面倒くさいが勝ってブログを廃墟にするより、とにかく続けることを最優先で行こうと思います乁( ˙ω˙ )厂

 

 

f:id:garugarunyaaan:20180228111337j:image

 

 

前置きが長くなりました。

 

タイトルの通り、わたしのトラウマと毒母なりの思い の話です。

 

 

昨日 母と真面目な話をしました。

昨日だけではなく、わたしが診断を受け、同棲生活に疲れ果て、地元に戻ってきてからは、母とは何度も何度も話をしました。

 

 

過去両親にされてつらかったこと

 

母は「自分は変わった、今のわたしは前のわたしとは違う」と言っているし、そう感じることもあるけれど、やはりどこか信じきれない自分がいること

 

生活の基盤を実家に頼っており、金銭面の援助を受けていることに申し訳なさ、肩身の狭さを感じていること

 

 

そして昨日は

 

その実家に負担をかけている申し訳なさから、「何でもいいからお金を稼がなきゃ」という焦りを生んでいること。

 

その結果「趣味で気晴らし」だったはずのハンドメイドが、「仕事」になってしまった。

 

今のわたしは「仕事」ができるメンタルの状態ではなく、「仕事=やらねばないこと」であり、段々とハンドメイドをしたいのに作れなくなってきてしまったことを話しました。

 

 

それに対し母は

 

あなたの今の仕事は、まず体や心を癒すこと。

 

体を壊しているのだから、お金の心配をしたり、申し訳なさを感じる必要性は全くないこと。

 

だから 仕事をしなきゃ、売らなきゃ…と思いながらハンドメイドをするのではなくて、とにかく好きに、自由に楽しく作る。

 

作ったものが溜まってしまっても気にしない。

体調が安定している時に販売のための作業をして、そこで初めて少しだけ仕事として意識したらいいんだよ。

 

今は楽しいことはできるんだから、楽しいことを楽しんで心の栄養にして欲しい。

 

 

と話してくれました。

毎回こういう真面目な話になると号泣パターンなわたしですが、もれなく号泣。

 

ただ それは母の優しさに感涙した…という単純なものではなくて。

そう言ってくれてもなお、まだ母のことを信頼できない悲しさも混ざっています。

 

過去の「母の中の理想の母親像」を語りながら、真逆の行動をしていた母。

過去にSOSを出しても向き合ってもらえなかった時の絶望感が頭をチラつく。

 

そんな感情も溢れ、混沌とした涙になります。

ただ 今のわたしは、過去とは違い、母を信じたいという気持ちが根底にあります。

 

だからこそガッカリしたり、イライラしたり、悲しくなることもあります。

でも 「この人に何言っても無駄」と思いながら接するのとは、また違ったガッカリであったり、イライラであるのかな…と思っています。

 

 

 

そして!

昨日のハンドメイドの話をしたあとから、憑き物がとれたようにまたアクセサリーが作れるようになりました(∩ˊ꒳​ˋ∩)・*

 

売れるかどうかじゃなく。

こんなのあったら便利かも!や、こういうの可愛くて好き!と、自分の好きなものを作りたいなと思いました。

 

その「好きなものを作る」ことが、これからわたしの作風になっていくんだ…という気づきもありました。

 

 

そして 気乗りしなければしなくていい。

ただ 怠惰にならないよう、じゃあかわりに今日はどう過ごそうか?といったふうに、臨機応変に過ごして行こうと思いました。

 

まずは心身の安定から。

無理せず、けれど怠惰でなく。

 

ADHDピーポーの人生の課題だ\( 'ω')/

新しい主治医の話。

こんにちは。ガル山です。

ここのところ調子のアップダウンが激しく、だいぶキておりました。

 

体調も気分も落ちているのに焦燥感でじっとしていられない。

疲れてヘトヘトなのに仕事を切り上げられない。

落ち着かずゆっくり休息がとれない。

 

などなど…。

まぁ、明らかに何かかやばいよね!!

 

ということで通院の予定を1週間早め、行ってまいりました。

 

f:id:garugarunyaaan:20170914231447j:plain

 

 

フォロワーさんの双極かもしれないという言葉をきっかけに、自分もⅡ型に当てはまる点が多く、気になっていたのもありました。

そして 気分の落ち込みをなんとかしたい…言ってしまえば薬でサクっと楽になりたいという気持ちもありました。

 

 

そして通院日当日。

引っ越しを機に病院を変え、担当は若くてキレイな女医さんになりました。

 

少し過去の話になりますが、わたしの今までの主治医は、ほとんどが流れ作業な医師でした。

 

~2時間待ち後の診察~

医者「かわりはありませんか?」

ガル「倦怠感と眠気が酷くて…毎日寝てばかりで何もできません…。」

医者「かわりありませんね。このままお薬続けて様子を見ましょう。」

ガル「」

※この間3分。

 

なんつーとんでもない医者にあたったこともありました。

というより、7箇所程病院を点々としましたが、こういった流れ作業的に薬を出すだけの病院がすごく多いと体感してます。

 

こんなこと書いてると、精神科医ってそんなヤバイの?って思われそうですけど、ヤバイですよ(#'ω')

 

医者の友人がいるのですが

「ヤブ医者はどこにでもいるけど、特に精神科は8割ヤブだと思っとけよ」

という聞きたくなかったような聞いてよかったような微妙なことを聞きました。

(あくまで友人個人の主張です…)

 

 

話は今回の通院に戻り。

今度の主治医はこちらの訴えをよく聞き、そしてその話に対してまともな返しをしてくれます。

 

今回のわたしの主訴は

  • 双極Ⅱ型を疑っている
  • 体調とメンタルの波が大きくつらい、安定剤など処方してはもらえないか

の2つでした。

 

それに対し主治医は

  • 今のメンタルの落ち着かなさは、今ガル山さんが置かれている状況によるものが大きいと見ている。(精神DVからの同棲解消、転居、収入がない不安など)
  • 双極かどうか ということを今は判断できない。
  • 薬は簡単に楽にはなれるけど、体への負担もあるので安易に増やしたくない。
  • なぜ精神的に不安定になりやすいか、なぜメンタルの病気に繰り返しなるのか。その根本的な部分を自分自身でも改善していかなければいけない。

ということを話してくれました。

 

最後の話について、最近はじめたことがあったので、報告をしました。

 

認知療法を自分でやりはじめたり、水島広子先生の対人関係療法の本を読んだりして、また自分と向き合いはじめたところだったんです。

 

それを告げると「大事なのは薬よりもそういう行動ですよ。続けていきましょう。」と、キリッと笑ってくれました。

 

 

いや、アンタその通りだよ。薬よこせとか変なこと言ってすまんよ。

という気持ちと

あぁ…この苦しみから一時的にでも逃れる方法はないのだな…。

と、落ち込みました。(診察後帰宅して落ちに落ちてメルトダウンを起こし、号泣(;▽;))

 

 

そりゃあひどい落ち込みようだったんですが、翌朝気分がスッキリしてるんです。

なんだか体も少し軽いんです。

 

自分の心情や状況を吐き出したことでスッキリした部分もあると思うんです。

 

毒親育ちなもので、必死の訴えを無視されるということが数え切れない程ありました。

だから スッキリよりも、主治医は向き合ってくれていると安心したことが大きいのではないかと、自分では感じています。

 

 

そして 焦燥感が酷いということから、ストラテラ60mgから80mgに変更となりました。

日々の心身の変化が大きいことから、次はあまり間をあけず2週間後にしてくれました。

 

信頼できる医師と出会えたことは本当に幸運だったと思います。

抑うつ状態に留め、寛解状態に持っていけるよう頑張りたいと思います\( 'ω')/

広告を非表示にする

コンサータの偉大さを思い知る

 

こんにちは。ガル山です。本日連続休薬2日目です。

 

端的に申し上げると…つらい

もう…つらい

 

休薬してみてわかった、わたしへのコンサータの作用について、感じたことを書いていこうと思います。

 

f:id:garugarunyaaan:20170902165024j:plain

 

コンサータADHDの症状以外にも効果がある

これを完全に見落としてました。

コンサータって、抑うつ状態にも効果があるんです。

鬱っぽい気分…例えば漠然とした不安感や、もやもやとした不快な気分にも作用してるんですね。

 

これをかなり軽んじていました。

わたしは抑うつ状態と診断を受けていて、主治医に「コンサータ抑うつ状態にも効くからね」と言われていました。

しかし そこまでの大幅な改善はないだろうと思っていたのです。

 

ぼーい氏と暮らしていた時は、貧乏暇なし状態で、休薬日など設ける暇がありませんでした。

なので 自分の抑うつ状態がどれ程ヤベェのかという自覚がありませんでした。

 

唯一、風邪をひいた時に休薬したことがあったのですが、その時のやる気のなさや眠気などは、風邪ひいたからっしょ!!くらいの認識だったんです。

 

 

めっちゃ抑うつ状態に効いてくれてた

2日間飲まなかっただけですが「お前…わたしのこと守ってくれてたんじゃん?(*'ω')」的な感情がコンサータに対し芽生えています。

 

1日目は海外ドラマを見たり、ゲームをしたり…ダラダラとゆっくりできました。

たくさん寝たし、休んだ感がありました。

 

問題は本日2日目でした。

 

連続休薬2日目で体に起きた変化

 

さて 何かやるか…と思っても、行動に移せないんです。

とにかく何もできない。

昨日は見れた海外ドラマも見る気になれない。なんなら音楽も聴く気になれない。

やる気ってどういうものだったかもわからない。

 

そうして何もできないでいると、今度は気分が落ちてきます。

漠然とした、胸につかえるような嫌な気分。憂鬱とか、不安とか…そういうものがごちゃまぜになった、形容し難い感覚です。

 

そして わけもなく死について考えてしまう。

そこから派生して、自分は無価値だ…なんで生まれてきたんだ…と、どんどんマイナスの渦に飲み込まれていく感覚。

 

これはコンサータを飲んでいたときには感じませんでした。

コンサータはそういった鬱っぽい感情にも物凄く!!!効いていたようです。

 

 

連続休薬とは『元気!!→突然抑うつ状態に放り込まれる』ということ

 今抑うつ状態と診断がついていて、抗うつ剤抗不安薬なども処方されていないわたしには、連続休薬は自殺行為ということが判明しました。

 

毎日コンサータを服用していて、疲労は感じながらも元気に行動できていたのが、突然マイナス感情の渦に突き落とされるわけです。

じわじわと悪くなっていくのとは違います。

突然MAX悪い状態になるわけですから、精神的な負担がヤベェっす。

 

そして 1日だけの休薬なら、たっぷり寝て休養をとった!という気分になれるとわかりました。

 

今度また疲労がたまってきたな…と感じた時には、1日おきに休薬日を設定してみたいと思います。

 

 

今日のまとめ

  • 抑うつ状態など鬱っぽさがある時連続休薬は精神衛生上よろしくない
  • 疲労がたまってきた時は、1日おきに休薬日を設けるなど、工夫する
  • そもそも疲労を次の日に持ち越すような無茶をしないよう、工夫を怠らない(これが難しい…)

 

一応注意書きですが、これは完全にわたし個人が感じたことです。

抑うつ状態がある方が連続休薬をしたからといって、全員が全員こうなるわけではないということだけ、お忘れなく…。参考までにどうぞ('ω')